筋力不足による腰痛にEMS|羽村市のまろん鍼灸接骨院|土日祝営業

筋力不足による腰痛にEMS

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰痛がなかなか良くならない
  • 慢性的に腰痛がある
  • ギックリ腰を繰り返している
  • 疲れやすくなった
  • 体が冷えるようになった
  • 腰の痛みを庇って背中やお尻が痛む

これらの腰の痛みは筋力不足が原因で起こっているかもしれません。

インナーマッスルを鍛えるためにEMSをやってみませんか?

腰痛の主な原因とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

腰痛にも様々な原因があり、慢性的なものもあれば急性的なものもあります。

腰椎椎間板ヘルニアや脊椎狭窄症、すべり症など、レントゲンやMRIなどにより診断が可能な疾患が腰痛の原因の場合もありますが、レントゲンを撮っても骨に異常なしと言われ、湿布を貼ったり、痛み止めを飲んでしのいでいる方が多いのではないでしょうか?

骨に異常がないのであれば、ほとんどの場合筋肉が腰痛に関係しています。

その中でも、重いものを持ち上げたりするなどで腰の筋肉を使いすぎる事により過度な負荷がかかり痛みを出している場合や、加齢や運動不足などによって体を支える筋力が低下して痛みを出している場合など、原因は一つではありません。

繰り返す腰痛には?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

筋緊張が強く痛みを出していて歩行や運動が困難な場合、筋力がどんどん衰えてしまうので、指圧による筋肉調整や、鍼治療、灸治療などで痛みをまず取り除くのが大切です。

衰えてしまった筋肉は硬くなり、神経などに触れてしびれや神経痛を引き起こす恐れもあるので早期に治療を開始しましょう。

腹筋およびインナーマッスルが弱ってくると体を支えることが困難になり、骨盤がゆがんでしまいます。

骨盤がゆがむ事で姿勢が悪くなると、筋肉をうまく使えなかったり、同じ箇所に負荷がかかりすぎてしまいバランスが崩れ、体にかかる負担が大きくなり腰痛や肩こりなどを引き起こします。

体の痛みを取り除く治療だけではなく、その痛みを繰り返さないためにも並行してインナーマッスルを鍛えてあげる事が重要になってきます。

とはいえ、肩や腰、お膝などに痛みがある状態で無理に体を動かすのは、さらに痛みを強くしてしまう可能性があるのでお勧めできません。

ある程度痛みがおさまってから運動を開始する他に、電気の力でインナーマッスルを鍛えてあげる方法もあります。

まろん鍼灸接骨院での筋力トレーニングとは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

羽村市にあるまろん鍼灸接骨院では、EMSを使ったインナーマッスルトレーニングを行っております。

EMSとは、電気刺激によって筋肉を動かし、効率的に筋肉を鍛えられる機器です!

インナーマッスルは体の深部にあり、自分で鍛えるには、正しい筋トレの方法で長期間続けることが必要ですが、羽村市にあるまろん鍼灸接骨院では、最新機器のEMSを置いているので、短期間での筋力トレーニングが可能です。

20分間お腹周りにパッドをつけて横になっているだけでなんと腹筋600回分の筋収縮に相当し、効率的にインナーマッスルを鍛えることができます。

まろん鍼灸接骨院に導入している最新のEMSは、腸の動きに合わせた電気刺激と、インナーマッスルを収縮させる電気刺激が交互に流れるので、腸の動きを助け、お通じの改善にも効果が期待できます。

インナーマッスルを鍛える事で全身の血流改善も見込め、腰回りの筋肉にも直接アプローチをかけることができるので、腰痛の改善だけでなく、予防も期待できます!

他にも、羽村市にあるまろん鍼灸接骨院では、バキバキと鳴らさず痛みのないソフトな骨盤矯正のメニューも取り揃えており、体の歪みを取りバランスを良くすることで、全身の血流改善や痛みの出ない体作りをお手伝いしていきます。

整えた骨盤を正しい位置にキープする役割としてもインナーマッスルはかなり重要な役割を果たします。

インナーマッスルを鍛え、骨盤の歪みをとることで、重心など体全体のバランスを整えることができ、お身体の様々な悩みを改善していくことができます。

腰痛や肩こりなど、お体のお悩みがございましたら、いつでもまろん鍼灸接骨院にご相談ください!

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間

河辺リーフ鍼灸整骨院

河辺リーフ鍼灸整骨院

住所

〒198-0036
東京都青梅市河辺町6丁目12-1

アクセス

河辺駅から徒歩約10分
駐車場完備

受付時間