受付時間

まろん鍼灸接骨院

map

ド・ケルバン病

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 物を握ったり掴んだりすると手首が痛む
  • 手指が開きにくくなる、ひっかかる
  • 手に力がはいらない
  • 親指の付け根が痛む
  • 手首がジンジン痛む

このような症状でお悩みの方はド・ケルバン病(親指の腱鞘炎)かもしれません。

もしかしてド・ケルバン病かも?と思った方は、是非一度、羽村市にあるまろん鍼灸接骨院へご相談ください。

ド・ケルバン病とは|羽村市 まろん鍼灸接骨院

ド・ケルバン病とは親指を動かすための腱に起こる腱鞘炎のことで「狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)」とも呼びます。ド・ケルバン病は、親指から手首にかけて痛みを伴います。

親指から手首には沢山の腱が通っています。その腱をまとめている腱鞘というトンネルがあり、親指を動かすことで親指の腱が腱鞘のなかを動いて物をもったり掴んだりすることが可能になります。ですが仕事などにより過度に親指を動かすと、腱が他の腱や腱鞘と擦れていき、徐々に炎症を起こしてド・ケルバン病は発症します。

ド・ケルバン病による腱や腱鞘の痛みを我慢して使っているとどんどん擦れていき炎症が起きて腫れていきます。(長母指外転筋腱と短母指伸筋腱と腱鞘が擦れ合い炎症をおこします)腫れてしまうと検証が常に擦れている状態になるため、我慢して使っていても改善はされずに悪化していき、手に力が入らない状態になってしまいます。

ド・ケルバン病の原因とは|羽村市 まろん鍼灸接骨院

ド・ケルバン病は主に親指の使いすぎによって起こります。親指を伸ばす腱(短母指伸筋腱)と親指を外に開く腱(長母指外転筋腱)が使い過ぎにより腱鞘と擦れることで発症します。

繰り返し擦れることで炎症が起きて腫れることで、腱の通り道が狭くなり親指を動かす際に摩擦が強くなり痛みとなります。このため「狭窄性腱鞘炎」とも呼ばれています。ド・ケルバン病を好発しやすい方は、パソコンなどでの仕事が多い人、ピアニストやテニスや卓球・妊娠や出産後の女性・更年期の女性と言われています。また最近ではスマートフォンの普及によりド・ケルバン病は誰でもなる疾患になりつつあります。

ド・ケルバン病の症状|羽村市 まろん鍼灸接骨院

ド・ケルバン病は、物を掴んだり持ったりした際の痛みや引っかかる感じが主な症状です。他にも手指が開きにくくなったり親指の付け根を押すと痛いなどの症状が出ることがあります。

ド・ケルバン病が悪化していくと手に力が入らなかったり、何もしなくてもジンジンと親指から手首にかけて痛みを伴うこともあります。

家事などで手指はよく使うため、日常生活に支障が出る場合がほとんどですので早めの治療や日頃のケアが大切です。

ド・ケルバン病の治療|羽村市 まろん鍼灸接骨院

ド・ケルバン病は使いすぎが原因の疾患です。筋肉、腱鞘に炎症が起きているので、まずは炎症を引かせるためにアイシングを行い、炎症度が軽減してきてから手技療法やストレッチ、運動指導による治療をしていきます。またド・ケルバン病の場合、手におこる疾患なのでどうしても日常生活や家事などで使うため、痛みが引くのに時間がかかりやすい箇所になりますので、日頃のケアとしてテーピングやサポーターなども有効です。

それでもなかなか治らないという方には鍼治療がおすすめです。手や電気だけではなかなか刺激が届かない、深い部分まで刺激を届けることができるので、痛みが治るのが早くなります。

また、ド・ケルバン病は頸椎の歪みや骨盤の歪みが関係している場合もあります。骨盤が歪み、頚椎が歪むと肩や腕により一層負担がかかるためド・ケルバン病になりやすい身体になっている可能性があります。

羽村市にある、まろん鍼灸接骨院では再発させないための身体にしていくために、骨盤調整も行っております。バキバキ鳴らさず、ソフトな力で調整していくので安心して施術を受けられます。

なかなか治らないド・ケルバン病でお悩みの方は是非一度羽村市にある、まろん鍼灸接骨院へお越しください!

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間

河辺リーフ鍼灸整骨院

河辺リーフ鍼灸整骨院

住所

〒198-0036
東京都青梅市河辺町6丁目12-1

アクセス

河辺駅から徒歩約10分
駐車場完備

受付時間