受付時間

まろん鍼灸接骨院

map

鵞足炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩くと膝の内下方が痛む
  • スポーツをした後に膝の内下方が痛む
  • 長い時間座った後に立ち上がると膝の内下方が痛む
  • 正座やあぐらをすると膝の内下方が痛む
  • 膝の内下方が腫れていて、押すと痛む

このような症状は鵞足炎(がそくえん)と呼ばれる疾患かもしれません。

鵞足炎とはなにか?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

鵞足炎とは、膝のお皿の少し下、若干内側にある鵞足と呼ばれる部分が、筋肉の繰り返しの収縮により、炎症を引き起こしてしまう疾患のことをいいます。

鵞足炎の「鵞」という文字は鳥の鵞鳥(ガチョウ)から来ています。三つの細長い筋肉が一箇所にくっついている様子が、鵞鳥の足に似ていることから、鵞足炎と呼ばれています。

鵞足炎の原因となる三つの筋肉は、それぞれ縫工筋(ほうこうきん)薄筋(はっきん)半腱様筋(はんけんようきん)と呼ばれ、股関節の周りから鵞足部に付着しています。鵞足を構成する筋肉たちは、股関節を曲げたり外に捻ったりする時に収縮します。つまりはそのような動作を繰り返し行なっていると、鵞足炎を起こしやすくなってしまいます。

この縫工筋、薄筋、半腱様筋が、付着している部分の骨を引っ張ることで、鵞足炎は引き起こされてしまいます。

鵞足炎は放って置いても治る?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

鵞足炎は放置していて治ることはほとんどありません。

それは鵞足炎が日常生活の負担により引き起こされる疾患だからです。

もちろん生活習慣が大きく変わり、今までかかっていた負担がなくなれば良くなることもありますが、そんなことはなかなか起こりませんので、放置していると治ることはほとんどありません。

それどころか、同じ生活スタイルで日々を過ごしていると、悪化してしまうことも多いです。

鵞足炎は骨が筋肉に引っ張られて起こる炎症です。それが悪化していくと、最悪の場合骨が剥がれて剥離骨折を引き起こしてしまうこともあります。剥離骨折を起こしてしまえば、歩くこともままならず、スポーツや日常生活を通常通り行うためには、長い治療期間が必要になります。

どのような疾患にも言えることですが、鵞足炎に対しても早めの治療をオススメいたします。

羽村市のまろん鍼灸接骨院での鵞足炎の治療法とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

鵞足炎では鵞足部が炎症を起こしているので、アイシングや電気治療を施します。

さらに鵞足を引っ張り、鵞足炎を引き起こす原因となっている三つの筋肉を調整し、筋肉の張りを和らげることで、鵞足炎の症状を抑えます。

鵞足炎を引き起こす三つの筋肉は太ももに付いていますので、一緒に太ももの筋肉全体の筋肉調整も行なってまいります。

また、当院では症状の根本改善を目標にしておりますので、鵞足炎を引き起こしやすくなる片足重心や、片足にだけ負担のかかる歩き方をなくすために、骨盤矯正を合わせてオススメしております。

当院での骨盤矯正は身体に負担の少ない独自の方法により、骨盤を矯正いたしますので、初めての方でも安心して受けることができます。

もし鵞足炎になってしまった場合や、もしかしたら鵞足炎かもと思った際には、是非一度羽村市のまろん鍼灸接骨院までご相談ください。

その他肩こりや腰痛、股関節の痛みなど、お身体のことでお悩みでしたら合わせてご相談くださいね。

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間