受付時間

まろん鍼灸接骨院

map

半月板損傷

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝の曲げ伸ばしが痛い、引っかかる
  • 膝を完全に伸ばせない
  • 膝に力が入らない時がある
  • 膝を曲げ伸ばしするとパキッと音がなる

これらの症状は半月板損傷を起こしているかもしれません。もしかして半月板損傷かも?と思ったらまずは一度羽村市のまろん鍼灸接骨院までお越しください。

半月板損傷とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

半月板とは、膝関節の動きを支え、クッションの役割をしてくれている軟部組織です。膝の関節は大腿骨と脛骨と膝蓋骨で構成され、半月板は大腿骨と脛骨の間にあり、骨同士が直接ぶつからないように存在しています。

半月板損傷はこの半月板が、膝をひねったり、膝をついたりした時に傷ついてしまう怪我のことを指します。半月板損傷を起こしてしまうと、膝の曲げ伸ばしや荷重で痛みが出たり、力が入りにくかったり、パキパキと言うクリック音と呼ばれる音が出たりします。

半月板があることで歩いたり走ったりした際に、膝にかかる負荷を分散してくれ、関節を安定させてくれているので、半月板損傷を引き起こすと膝全体の負担が大きくなります。また、膝の骨と骨の間には半月板以外にも前十字靭帯や後十字靭帯も走っており、前十字靭帯や後十字靭帯は半月板に付着しているため半月板は膝の動きにとても大切なものなのです。

半月板損傷の原因とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

膝を強く捻ったり、膝に大きな衝撃が加わると半月板損傷の原因となりやすく、ジャンプや急な切り返し動作をした時に負傷することが多いです。半月板損傷は特にバスケットボールやサッカーの選手に多く見られます。

また、半月板は加齢とともに変形していき怪我をしやすい状態になっていきます。そのため40〜50代以降では、ジャンプや急な切り返し動作だけではなく、日常のちょっとした負担がかかるだけで半月板損傷を引き起こすこともあります。中高年の方は変形性膝関節症に伴い、特に運動をしていなくても、内側の半月板損傷を起こすこともあります。小児の場合じゃ、成長や運動量の変化によって半月板損傷が起こりやすくなります。

半月板損傷の症状とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

半月板損傷の症状は、膝の痛みや関節の違和感、膝関節がスムーズに動かない引っかかる感覚、膝関節が動かせなくなる「ロッキング」、異常音などが挙げられます。また膝に水が溜まることもあります。

半月板損傷は年齢を重ねていくにつれて発症頻度が高くなっていきます。これは膝関節の動きを支えてくれているクッションの役割を果たしてくれているので年々、半月板が摩耗して薄くなっていくためです。40〜50代では、ほとんどの方が半月板に傷や欠損があり、60〜70代では、ほとんどの方が半月板を失っています。

半月板の損傷が痛みの原因であれば半月板がほとんど残っていない高齢者の方はほとんどの方が膝の痛みを訴えます。しかし、実際にはそんなことはなく元気にスポーツを楽しむ高齢者の方もたくさんいます。

半月板は軟骨組織ですので直接神経は通っていません。つまりは半月板損傷によって痛みが直接半月板から発生している訳ではなく、半月板が損傷してしまったことによって骨と骨がぶつかったり、膝周りの筋肉に負担がかかり、筋肉に炎症が起こったりすることによって痛みが出ているのです。

半月板損傷の治療|羽村市 まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院では急性期の半月板損傷の場合、腫れが出ていることがあるため、腫れを引かせるためにまずはアイシングや患部の固定を行います。アイシングや、患部を安静に固定しておくことで自然治癒力が発揮され、早期に膝の炎症を抑えて腫れを引かせることができます。また、急性期にはハイボルテージと呼ばれる痛みを抑えるのに特化した、特殊な電気治療を行なっていきます。

腫れが引いてきて炎症度が下がってきたら、次は膝周りの筋肉の緊張を緩めていきます。半月板損傷などで怪我をしてしまった場合、膝周りの筋肉に負担がかかり、筋肉が硬く緊張してしまいます。固まってしまった筋肉が痛みの原因となることもあるので、まろん鍼灸接骨院ではマッサージや鍼治療によって筋肉の緊張をほぐしていくよう、治療を施していきます。

痛みが強い期間があると膝を動かす頻度は減っていき、筋肉が萎縮してしまいます。すると膝関節の可動域はどんどん狭くなってしまいます。膝がこわばったり、膝の不安定性を感じる方には、膝関節の可動域を広げていくための可動域訓練も合わせて行なっていきます。

羽村市のまろんでの半月板損傷の予防|羽村市 まろん鍼灸接骨院

半月板損傷によって膝を痛めてしまった方は、クッションの役割を果たす半月板がすり減ってきてしまっているため、膝周りの筋肉をつけて膝の安定性を高める必要があります。

まろん鍼灸接骨院ではEMS(インナーマッスルトレーニング)によって膝周りの筋肉を鍛えて、ひざ関節の安定性の向上を目指します。

また膝関節を形成する大腿骨は骨盤と繋がっているため、骨盤の歪みによって膝の痛みにつながるケースがあるため、骨盤調整を行ない骨盤の歪みを取ることで、一部分に負担が偏らないようにし、痛みの予防に努めていきます。

半月板損傷でお悩みを抱えている方、ぜひ一度羽村市まろん鍼灸接骨院へご相談ください! 半月板損傷のほか、半月板損傷ではない膝の痛みや、肩こり腰痛など、お身体のお悩みはなんでもご相談ください!

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間

河辺リーフ鍼灸整骨院

河辺リーフ鍼灸整骨院

住所

〒198-0036
東京都青梅市河辺町6丁目12-1

アクセス

河辺駅から徒歩約10分
駐車場完備

受付時間