内反小趾

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩いていると足が痛くなる
  • 足の小指の付け根が痛い
  • 靴が痛くて履けない
  • 足の小指が親指側に曲がってしまっている
  • 整形外科で内反小趾(ないはんしょうし)と診断された

内反小趾とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

足の小指が親指側に曲がってしまい、付け根が変形して痛みが出ている状態を内反小趾といいます。似たような症状として外反母趾があり、どちらも足の変形してしまう共通点がありますが、内反小趾とは変形する場所に違いがあります。

内反小趾や外反母趾は変形してしまった指を中心に、炎症や痛みを伴うことがほとんどです。それだけではなく、痛みを庇いながら日常生活を送ることにより、左右の足にかかるバランスが崩れ、足だけでなく、腰や肩といった全身の不調に繋がる場合もあります。

内反小趾の原因とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

内反小趾の主な原因としては、ヒールの高い靴や、先端が尖っていて指先の締め付けが強い靴、ストッキングなどを履くことで、足の小指が圧迫される状態が続くことにより変形を起こしてしまうことが多いです。

革靴のような硬い靴や、サイズが小さすぎたり、足にフィットするタイプの靴は内反小趾を引き起こしやすい傾向にあります。

内反小趾は、歩き方の癖やO脚、X脚、姿勢が崩れることによっての左右の体重のかけ方のバランスが崩れるなど、日々の積み重ねで起こることが多く、突然発症することはほとんどありません。

内反小趾を放置していると?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

内反小趾は放置しているといつまでたっても治ることはありません。それどころか次第に変形が強くなり、薬指に重なるほどの変形が出てくることも珍しくありません。そこまでの変形が起こってくると歩行が困難になり、痛みも強くなっていきます。特に変形が悪化している最中は痛みが強く出てきやすいです。内反小趾は早めの治療が大切になります。まだ変形が完成していない時期の方が治療効果も出やすいので、早めにご相談ください。

まろん鍼灸接骨院での内反小趾の治療とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

内反小趾は、歩きすぎやスポーツのし過ぎなどが原因の場合、安静にしていただくのが第一です。しかし、日常を過ごす中で、足を使わない訳にはいかないので、それだけでは内反小趾の痛みが治らないことが多いです。

羽村市にあるまろん鍼灸接骨院では、内反小趾に対する治療法として、テーピングやサポーターによる小指の矯正、指圧による足底やふくらはぎの筋肉調整、電気療法に加え、鍼治療や灸治療を取り入れております。

サポーターやテーピングで内反小趾の変形とは逆方向に力をかけ続けることにより、内反小趾の変形を止め、正しい方向に抑えてあげることで変形の痛みを抑えてあげることができます。

また、過度に緊張している足底筋膜だけでなく、足首の動きに関与するふくらはぎや脛(すね)の筋肉など、使い過ぎやバランスが崩れた状態で酷使することにより硬くなってしまった筋肉を、指圧や鍼灸治療によりほぐすことで足の負担を減らし、内反小趾の痛みを抑えることが期待できます。

羽村市にあるまろん鍼灸接骨院では、痛みに対する治療だけでなく、これからも快適にスポーツや日常生活を送っていくために、根本的な改善として弱ってしまっている筋肉や、うまく使えていない筋肉を使えるように、EMSによるトレーニングを行なったり、体の歪みを取りバランスを良くしたりすることにより、痛みの出ない体作りを骨盤矯正をすることでお手伝いしていきます。

インナーマッスルを鍛え、骨盤の歪みをとることで、重心など体全体のバランスを整えることができ、お身体の様々な悩みを改善していくことができます。寝ているだけで腹筋600回相当の運動量を電気刺激でインナーマッスルに与えられる最新EMSや、バキバキと鳴らさず痛みのないソフトな骨盤矯正などのメニューを取り揃えていますので、内反小趾だけでなく、腰痛や肩こり、膝の痛みや股関節の痛みなど、お体のお悩みがございましたら、いつでもまろん鍼灸接骨院にご相談ください!

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間

河辺リーフ鍼灸整骨院

河辺リーフ鍼灸整骨院

住所

〒198-0036
東京都青梅市河辺町6丁目12-1

アクセス

河辺駅から徒歩約10分
駐車場完備

受付時間