O脚

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足を閉じた状態で膝同士がつかない
  • 靴の外側がすり減りやすい
  • ガニ股になってしまう
  • 足が冷える
  • むくみがひどい
  • 膝が痛い
  • 股関節に痛みがある
  • O脚だと言われたことがある

O脚とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

O脚とは名前の通り、正面から見たときに脚が「O」の字状に曲がって見える状態のことをいいます。細かく言えば真っ直ぐ立ったときに、膝と膝に空間が開いてしまう状態です。左右の足首をくっつけたときに、膝の間に指が3本以上入るようなら、O脚の可能性が高いといえます。また、歩いているときにO脚の人はガニ股気味になることが多いです。

O脚の原因とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

O脚は先天性の場合もありますが、ほとんどは姿勢の悪さや座り方・歩き方の癖が原因となることが多いです。体の土台である骨盤が歪む事によって姿勢が悪くなったり、股関節が硬くなってしまったりするとお尻・腰まわり、足などの筋肉低下が起こります。

それにより本来使えるはずの筋肉が上手く使えなくなり、O脚を引き起こしてしまいやすくなります。O脚の原因は一つだけではない場合が多く、様々な要因が重なる事でO脚につながっていることがほとんどです。

O脚を放置しているとこんな弊害も|羽村市 まろん鍼灸接骨院

O脚は放置すると膝関節の変形や痛みを引き起こすリスクが高くなります。膝関節は大腿骨とよばれる太ももの骨と、脛骨とよばれるすねの骨で構成され、膝蓋骨とよばれる骨(いわゆる膝のお皿)で覆われています。

脛骨と大腿骨との間には軟骨があり、骨同士が直接ぶつかるのを防いでいますが、O脚を放置する事で関節にかかる負担が大きくなり、軟骨がすり減りやすくなります。そうすることで脛骨と大腿骨の隙間が狭くなります。

その結果関節内で炎症が起こり水が溜まる事もあるので、関節の内側に痛みが生じ、歩行障害を起こしたりします。

さらにO脚は見た目だけの問題だけでなく、下半身太りや冷えやむくみから生理痛が酷くなってしまったり、あまり知られてはいませんが、外反母趾、足裏のタコや魚の目などのトラブルを引き起こす可能性もあります。

まろん鍼灸接骨院でのO脚の治療とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

O脚は、先天性(生まれつき)のものでなければ治療することができます。主に歩きすぎやスポーツのし過ぎ、日常生活の負担による骨の歪みなどが原因のO脚は治療が可能です。

膝や足に痛みがある場合、痛みが引くまではスポーツや長時間立つことをやめるのが望ましく、それと並行して早期に治療を始めることが大切です。

羽村市にあるまろん鍼灸接骨院では、O脚からくる痛みに対する治療法として、指圧による足や腰の筋肉調整、電気療法に加え、鍼治療や灸治療を取り入れております。過度に緊張してしまった膝周りの筋肉を、指圧や鍼灸治療によりほぐすことで、O脚の負担を減らし、痛みを抑えることが期待できます。

膝の骨が変形してしまった事で周りの筋肉に過度な負荷がかかっている事が多いので、テーピングなどの処置も行なっております。

他にも、羽村市にあるまろん鍼灸接骨院では、痛みに対する治療だけでなく、これからも快適にスポーツや日常生活を送っていくために、根本的な改善として弱ってしまっている筋肉や、うまく使えていない筋肉を使えるように、EMSによるトレーニングを行なったり、体の歪みを取りバランスを良くすることにより、O脚の改善、痛みの出ない体作りを骨盤矯正をすることでお手伝いしていきます。

インナーマッスルを鍛え、骨盤の歪みをとることで、重心など体全体のバランスを整えることができ、お身体の様々な悩みを改善していくことができます。寝ているだけで腹筋600回相当の運動量を電気刺激でインナーマッスルに与えられる最新EMSや、バキバキと鳴らさず痛みのないソフトな骨盤矯正などのメニューを取り揃えていますので、O脚だけでなく、腰痛や肩こりなど、お体のお悩みがございましたら、いつでもまろん鍼灸接骨院にご相談ください!

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間

河辺リーフ鍼灸整骨院

河辺リーフ鍼灸整骨院

住所

〒198-0036
東京都青梅市河辺町6丁目12-1

アクセス

河辺駅から徒歩約10分
駐車場完備

受付時間