受付時間

まろん鍼灸接骨院

map

オスグッド・成長痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 子供がスポーツをしていて膝を痛めた
  • 部活中に膝に違和感を感じた
  • オスグッドを適切に治療してほしい
  • スポーツのケガの専門家に見てもらいたい

オスグッドとは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

オスグッドとは、正式名称をオスグッドシュラッダー病といい、成長期の子供に多く見られる成長痛のようなものです。

太ももの前にある「大腿四頭筋」と呼ばれる、人体で一番強力な筋肉が膝のお皿の下の「脛骨粗面」と呼ばれる骨の一部に付いています。

この大腿四頭筋が、ジャンプやダッシュなどで繰り返し収縮すると、付着部である脛骨粗面を何度も引っ張ってしまい、炎症を起こして痛みが出たり、骨が出っ張ってきたりしてしまいます。

オスグッドになってしまうと、ジャンプやダッシュをした時に痛みが出てきたり、運動をした後に痛みがあったり、骨が出っ張った部分がぶつかると、激痛が走ったりします。

また、正座をするなどの大腿四頭筋を伸ばす動作でも痛みが出ることがあります。

オスグッドが起こる原因とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

オスグッドが起こる原因は、成長期の子供の骨がまだ柔らかく、筋肉の強い収縮力に耐えきれないことにあります。

成長期の子供の骨は、骨の端が柔らかい素材でできています。

この柔らかい骨がしっかりとした、硬い骨になることで身長が伸びて行くのですが、骨の成長より先に、筋肉が強くなり過ぎてしまうことで、まだ柔らかい骨を引っ張ってしまい、オスグッドが発症してしまいます。

オスグッドは怖い症状です。|羽村市 まろん鍼灸接骨院

オスグッドの症状が悪化していくと、骨がどんどん出っ張っていきます。

これは筋肉が骨を引っ張って起こるのですが、その状態になってもオスグッドの痛みを我慢し、スポーツを続けていると、最悪の場合裂離骨折を起こしてしまいます。

普段クラブチームや部活動などでスポーツをしている子供たちは、基本的にそのスポーツを休むことを嫌がります。

オスグッドの痛み自体も、骨が出っ張っている部分をぶつけたりしなければ、それほど強いものでもないので、痛みを我慢してスポーツを続けてしまうことが多いです。

そうすると、最悪の場合を引き起こしかねませんので、親御さんや、スポーツの指導者が止めてあげることが大切です。

オスグッドになってしまったら、運動を止めてあげることも大切ですが、それ以前に日頃のケアが大切です。

オスグッドは特にジャンプやダッシュを繰り返し行うスポーツをしている小・中学生におこります。

筋肉の急激な収縮が原因のため、オスグッドは普段の入念なストレッチや、スポーツ後のケアを行うことで防げる症状だと言われています。

ですが、自主的にストレッチをしたり、ケアをすることができる子供はなかなかいません。

なので、周りの大人たちのサポートがとても大切になるのです。

羽村市のまろん鍼灸接骨院での治療とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

羽村市のまろん鍼灸接骨院では、オスグッドの治療は大腿四頭筋に対してのアプローチを中心に行って参ります。

オスグッドは大腿四頭筋の骨を引っ張る力が、痛みや症状の原因になっています。

そこで、大腿四頭筋を電気と手技やストレッチでほぐし、柔らかくすることで、骨を引っ張る力を弱めてあげます。

また、大腿四頭筋は骨盤から膝まで繋がっている筋肉です。

つまりは骨盤の歪みとも関係が深く、骨盤が歪んでいると、それだけ大腿四頭筋が張ってしまい、オスグッドの痛みが強くなりやすいです。

なので、痛みが強かったり、なかなか痛みが減らない場合には、骨盤矯正も併せてオススメしています。

羽村市のまろん鍼灸接骨院では、機械だけに頼らず、手技を中心にした治療で、患者様のお悩みに、親身になって治療を施していきます。

オスグッドだけでなく、その他肩こりや腰痛など、些細なお悩みでも是非ご相談ください。

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間