受付時間

まろん鍼灸接骨院

map

足底腱膜炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝歩き始めると足底(足の裏)が痛い。
  • 立ち仕事でしばらくすると足底が痛い。
  • 長時間のデスクワークしたあとに歩くと足底が痛い。
  • 爪先立ちすると足底が痛い。
  • ハイヒールを履くと足底が痛い。
  • 足の裏がよくつる。
  • マラソンを始めてから足底が痛くなった。
  • 扁平足気味だ。

足底腱膜炎とは|羽村市 まろん鍼灸接骨院

足底筋膜炎とは、足の裏への負荷が大きいことによって引き起こされる、炎症とそれによる痛みなどの症状のことです。

足底筋膜とは、踵の骨からはじまり、足の指へ放射状に繋がっている、筋肉を包む膜のことで、そこに炎症が起きてしまう疾患を足底筋膜炎と呼びます。

足底筋膜はスポーツをする時や、歩いたり走ったりといった運動による衝撃を、軽減させてくれる役割を持ちます。

しかしマラソンや走り回るスポーツのように、足の裏に衝撃が繰り返し与えられると、足底筋膜に強い圧力と刺激がかかり、足底筋膜炎を起こしやすくなります。

また、足の裏に負荷がかかり続けると、足底筋膜が弾性を失い、硬くなってしまうことでも足底筋膜炎を起こしやすくなります。

足底筋膜炎は、起床時に強い痛みを感じやすいのも特徴です。

また運動を始めたばかりの40代前後の方や、スポーツをする中高生によく見られます。

足底腱膜炎の原因とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

ランニング、ウォーキング、長時間の立ち仕事など、過度に土踏まずに対する負担をかけていると、足底筋膜に引き伸ばされる力が繰り返しかかることになります。

特にアスファルトなどの硬い地面の上でのランニングや歩行は、土踏まずに対する衝撃が強いため、足底筋膜に加わるストレスも強くなり、それが繰り返されることで足底筋膜炎を引き起こしてしまいます。

つまりは足底筋膜炎の原因は「繰り返し」「過度に」与えられる「足の裏への衝撃」になります。

足底腱膜炎の症状は?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

足底腱膜は足の裏全体に広がっており、指の付け根・土踏まず・踵の順番で痛みが出やすいです。

痛みはしばしば激しく出ますが、特に朝起きて最初に体重をかけた時に出やすいです。

どんな人が足底筋膜炎になりやすい?

  • ・土踏まずの高さが崩れている人。
  • ・偏平足の人
  • ・ふくらはぎやアキレス腱が硬い人。
  • ・長時間歩く、長時間立っている人。

足底筋膜炎の治療法とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

治療の基本となるのは足の裏にかかるストレスを減らすことです。

マッサージ、ストレッチでふくらはぎ、アキレス腱を柔らかくすることで、足の裏の負担を減らすことができます。

その他にも土踏まずを支えるインソールを靴にいれる事や、テーピングする事で、足のアーチを補強して、足の裏の負担を減らしていきます。

また、タオルギャザー(足の指でタオルを手繰り寄せるトレーニング)で足底筋膜のトレーニングをして、土踏まずを正しい位置に戻したり、柔軟性を向上したりすることも効果的です。

自宅でできる足底筋膜炎のケアとして、椅子に座った状態で足裏でゴルフボールを転がして、足底筋膜をマッサージするのも効果的です。

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間