受付時間

まろん鍼灸接骨院

map

テニス肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 物を持ち上げると肘の内・外側が痛む
  • テニス、ゴルフなどのスポーツをすると痛む
  • 手を握ると肘の内側が痛む
  • 指を開くと肘の外側が痛む

これらの症状は俗にいうテニス肘かもしれません。

テニス肘とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

テニス肘はゴルフ肘などとも言われ、正式名称を外(内)側上顆炎と言います。外側上顆(内側上顆)は肘の横側にある出っぱっている部分のことで、ここが炎症を起こすのがテニス肘です。

テニス肘は普段テニスをしている方はもちろんのこと、ゴルフをしている方や、普段から重いものを持つ機会が多い人、デスクワークなどでパソコンを長時間いじる方にも多く見られます。特に40代前後の女性に多いと言われ、かなりの数の患者さんがいらっしゃいます。

テニス肘はバックハンド型のテニス肘と、フォアハンド型のテニス肘に分けられます。バックハンド型のテニス肘は外側上顆炎のことで、肘の外側に痛みが出ます。フォアハンド型のテニス肘は内側上顆炎のことで、肘の内側に痛みが出ます。どちらも筋肉が付着している部分の骨が、繰り返しの筋肉の収縮により炎症を起こすことで痛みが出ます。それぞれ内側のテニス肘は手を握り込む動作や、手首を手の平側に曲げる動作で負担がかかることが原因で、外側のテニス肘は指を開いたり、手首を手の甲側に曲げたりする動作で負担がかかることが原因で痛みが出ます。

テニス肘はテニスをしてない人にも起こります。普段の生活で重たいものを持つことが多い人や、繰り返し手首を動かすような動作をしている人がテニス肘になりやすいので注意が必要です。

テニス肘の症状とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

テニス肘の症状は、原因となっている筋肉を収縮させた時の痛みがほとんどです。

しかしテニス肘の症状が出ているのに、腕の筋肉を使い続けていると、わずかな動きでも痛みが出たり、動かしていない時にもジンジンと痛むようになります。

さらに無理をして動かしていると、最悪の場合剥離骨折を起こすこともあります。

また、肘が炎症を起こしているので、肘の熱っぽさや腫れぼったさを感じることもあります。腕や手は、日常生活を送る中で、休ませるのが難しい部位です。

なのでテニス肘は治りにくく、長期間お悩みの方が多い疾患となっています。

テニス肘の治療法とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

テニス肘は痛みの原因となる筋肉を動かさず、休ませてあげることが一番の治療となります。

サポーターやテーピングを普段から巻き、肘の負担を減らしてあげることも有用です。

しかし、テニス肘はもともと日常生活が原因で起こっているので、なかなか休ませることが難しいという方が多いです。

そこで、羽村市のまろん鍼灸接骨院では原因となる筋肉を、マッサージでほぐし、肘を引っ張る力を弱めたり、テーピング等で肘のサポートをし、負担を減らしたりする治療を施します。

そのほかにもご希望により鍼灸治療を施すことで、筋肉の張りを和らげ、痛みの改善を手助けすることも可能です。

テニス肘の症状にお悩みの方は是非一度、まろん鍼灸接骨院までお越しください!

また、そのほか腰痛や肩こり、膝の痛みなど、お身体のことでお悩みの際には是非ご相談ください。

骨盤矯正やEMS(インナーマッスルトレーニング)による根本改善を目指す治療がオススメです!

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間