受付時間

まろん鍼灸接骨院

map

労災

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 仕事で重いものを持ち上げた際に腰を痛めた。
  • 仕事に向かう途中、路上で足を捻った。
  • 仕事でトラックの荷台から落ちて骨盤を打ち付けた
  • 仕事中に重いものを持ち上げ、手首を捻った。

これらのお怪我は、実際に羽村市のまろん鍼灸接骨院にいらした事のある、労災(労働者災害補償保険)を使って治療をしていた患者さんの症状です。お仕事中のお怪我、通勤途中のお怪我は労災を使用して、自己負担金0円で治療が可能です。もし、お仕事でお怪我をしてしまったら、ぜひ一度羽村市のまろん鍼灸接骨院までご相談ください。

【そもそも労災ってどんなもの?】|羽村市 まろん鍼灸接骨院

労働者災害補償保険、通称労災は、労働者の早期の仕事復帰や、労働者の治療費の負担を減らすために、国が保障している保険制度になります。労災は国で決められた法律により、会社が労働者のために強制的に加入しなくてはならないもので、保険料も会社が負担しています。労災は、労働者が怪我をしたり、障害を負ってしまったり、死亡したりした際に保障するためのものですが、今回は接骨院に関係する「怪我」をしてしまった場合に焦点を当ててお話していきます。

労災は仕事中や、通勤途中に怪我を負ってしまった場合に、治療費を労災により国が負担してくれる制度です。労災は法律で決まっているものなので、通勤中や仕事中に怪我をしてしまった場合、健康保険を使って病院に行き自分で治療費を支払うことは、法律的には間違った方法となります。

仕事中、通勤途中に怪我をしてしまった場合、会社に報告し、労災を使って通院することが法律的にも正しい仕組みですし、自己負担金がかからないので、労働者の方にとっても負担が少ない方法となります。

【労災の使い方とは?】|羽村市 まろん鍼灸接骨院

労災の使い方についても、接骨院で治療を受ける場合を前提にお話していきます。

労災が発生した場合、本来は労働者が地域の労働基準監督署(通称労基署)に申請する必要があります。ですが、基本的には会社に申請することで、会社側が労基署との間を取り持ってくれて、治療を受け始めることが出来、最後に会社から労基署に申請をしてくれるという形が一般的です。そうして労基署に申請をし、労災だと認められた場合に治療費を支給してもらえます。

もちろん治療は怪我をした当日から始める方が良いです。ですが治療院や病院によっては労基署からの連絡を受けるまでは、労働者本人が治療費を負担する場合もありますので、事前に治療院に確認を取っておくと良いかもしれません。ただ、基本的には治療費の窓口負担はなく、治療が全て終わった段階で申請書を記入し、治療費が治療院や病院に支払われるというのが一般的です。

申請書には労働災害の発生状況、日時、労働者のサイン、会社のサイン、治療費、治療院のサインなどが必要になります。一般的には会社が労基署から申請書を受け取り、会社が記入する欄を記入した状態で労働者に渡され、労働者が記入する欄を記入してから治療院に申請書を渡し、治療院が申請書を完成させて労働基準監督署に申請するという流れで労災の申請は行われます。

簡単にまとめると、会社に労災を申請し、治療を受け、会社から渡された申請書記入して治療院に渡せば良いです。

しかし、会社によっては労災を使わせてくれない、という悪質な会社も存在します。ですが、本来労災は上記の通り、労働者本人が申請するものです。なので会社が許可する必要はありませんし、申請書の会社記入欄も法律的には必ず必要なものでもありません。もしお勤めの会社がそういった対応をしてきた場合には、直接労基署に連絡を取るのが良いかと思います。

【羽村市のまろん鍼灸接骨院での労災の取り扱いは?】|羽村市 まろん鍼灸接骨院

もちろんまろん鍼灸接骨院でも、労災を取り扱っております。過去に何人もの労災の患者様がいらしていますので、申請に関することやわからないことがあれば、なんでもご相談ください。労災を使用しての通院の場合には自己負担金、一時負担金なども必要ありませんので、ご安心ください。

その他交通事故による自賠責保険を使っての治療や、任意保険を使っての治療も可能ですので、お気軽にご相談ください!!

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間

河辺リーフ鍼灸整骨院

河辺リーフ鍼灸整骨院

住所

〒198-0036
東京都青梅市河辺町6丁目12-1

アクセス

河辺駅から徒歩約10分
駐車場完備

受付時間