受付時間

まろん鍼灸接骨院

map

変形性股関節症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩くと股関節が痛い
  • 股関節を回すと痛い
  • 股関節の動きが悪い
  • 朝起きると股関節が固まっている感じがする
  • 座った状態から立ち上がると股関節が痛む

このような症状は変形性股関節症が原因かもしれません。

変形性股関節症とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

変形性股関節症とは、加齢や過度の負担により、股関節の軟骨がすり減り、股関節を動かすと関節部分で骨と骨がぶつかり、痛みが出る疾患のことを指します。

似たような疾患に変形性膝関節症がありますが、膝関節は変形が外から見てもわかりやすいのに比べ、変形性股関節症は外見ではわかりにくいです。

変形性股関節症は、50代以降の女性に多いと言われています。

50代以降に多いのは、年齢が上がるにつれて、それまで積み重ねられた負担により、股関節の軟骨がすり減っていくからです。

女性に多く見られる理由は、股関節の動く範囲が男性と比べて広いことが原因だと言われています。男性より大きく股関節が動くので、より大きな負担がかかるからです。

また、女性は生まれたばかりの頃に、股関節が外れている先天性股関節脱臼と言われる状態になっていることが多く、それが年齢を重ねてから影響するとも言われています。そのほかにも、出産の影響や、ホルモンの影響などが、男性より女性の方が変形性股関節症を発症しやすい原因と言われています。

変形性股関節症を放置しているとどうなる?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

変形性股関節症は、初期のうちは軽い痛みのみですが、治療しないで放置しているとほとんどの場合悪化していきます。悪化していくと痛みが強くなり、歩くたびに痛みが出るようになります。さらに放置していると、次第に変形が強くなり、歩行が困難になっていきます。

そうなってしまうと、手術で人工関節を入れるしか治療法が無くなってしまいます。

人工関節を入れると痛みが薄れる人も多いですが、中にはそれほど痛みが軽減せずに、歩くことが困難な状態のままな方もいらっしゃいます。


「軽い痛みだから」「年齢によるものだからどうしようもない」と放置せずに、早めに治療していくことで、手術しないといけない程の変形性股関節症を防いだり、悪化を遅らせることが期待できます。

もし変形性股関節症でお悩みの方がいらっしゃいましたら、早めの通院をオススメいたします。

変形性股関節症の治療法とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

変形性股関節症は軟骨のすり減りや、骨の変形が原因で症状が起きています。

すり減った軟骨や、骨の変形はなかなか元には戻りません。なので変形性股関節症の治療は悪化させないこと、痛みを減らすことが重要になります。

痛みを減らすためには、周りに付いている筋肉の働きが重要になります。股関節周りの筋肉を強化することで、股関節の負担を減らし、症状の悪化を防ぎ、痛みを抑えることが期待できます。また、筋肉の緊張を和らげることでも同様の効果が期待できます。

なので、羽村市のまろん鍼灸接骨院では、筋肉調整による筋緊張の緩和、EMS(インナーマッスルトレーニング)による筋力向上をオススメしております。

変形性股関節症の症状でお悩みの方はかなり多いです。

 

そのような方は是非一度羽村市のまろん鍼灸接骨院までご相談ください。

その他腰痛や肩こり、膝の痛みなど、お身体のことはなんでもご相談くださいね。

骨盤矯正やハイボルテージ療法など様々な治療法の中から、患者様にあった治療メニューを提供させていただきます。

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間