受付時間

まろん鍼灸接骨院

map

足関節の捻挫

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足首を捻挫してつらい
  • スポーツ中に怪我をしたが早く復帰したい
  • 歩いていると足首に違和感がある
  • 痛みの少ない治療を受けたい

足関節の捻挫とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

スポーツの場面だけでなく、日常生活でも最も多く見られる怪我が足関節捻挫です。

足関節捻挫は、いわゆる足首の捻挫です。足首は普段靭帯により、あらぬ方向に足首が曲がらないように制限されています。

この靭帯が足首の過度な動きにより、引き延ばされたり、切れてしまった状態を足関節捻挫と言います。

足関節捻挫は、ケガの中でも比較的見聞きすることが多く、甘く見られて放置されがちな怪我です。

しかし足首の捻挫は、甘く見ていると後々のスポーツや日常生活に影響してきてしまうことも多い、怖い怪我なのです。

足関節は、内くるぶしと外くるぶしの位置関係上、内側に捻りやすい関節です。

足関節捻挫はほとんどの場合が内返し(内側に足関節を捻る動き)の強制により起こります。

これを内反捻挫(ないはんねんざ)といい、外くるぶし周辺の靭帯を損傷します。

それとは逆方向に捻り、受傷したものを外反捻挫(がいはんねんざ)といい、内くるぶし周辺の靭帯を損傷します。

また外反捻挫も内反捻挫も重度なものだと骨折にもつながります。

足関節の捻挫は重症度によりⅠ度損傷〜Ⅲ度損傷に分けられます。

足関節捻挫の重症度|羽村市 まろん鍼灸接骨院

足首の捻挫は、重症度により3つに分類されます。

  • ・Ⅰ度損傷(軽度の損傷)
    外くるぶしの靭帯を、押すと痛む。腫れも少なく歩行が可能で、足首を動かすと、多少の痛みがでる。靭帯が、微細な損傷を起こしている状態。
  • ・Ⅱ度損傷(中等度の損傷)
    くるぶし周辺が大きく腫れ、歩行時や足首を動かすと強く痛む。人に足首を動かされても痛みを伴うような状態にある。靭帯が部分的な断裂を起こしている状態。
  • ・Ⅲ度損傷(重度の損傷)
    足関節全体が著しく腫れて歩行ができず、足首はほとんど動かせない状態。安静にしていてもズキズキとした痛みを感じる。外側の靭帯が完全に断裂し、足関節の亜脱臼、部分的な骨折を伴っているケースもある。

足関節捻挫を起こしやすい人|羽村市 まろん鍼灸接骨院

直接的なケガの原因、きっかけは内返しが強制された時ですが、もともと足首を捻挫しやすい要因を持っている人もいます。

足関節捻挫を起こしやすい要因は、大きく分けて二つあります。

内的因子(本人に原因があるもの)と外的因子(環境によるもの)です。内的因子としては、年齢や性別、体重、足関節捻挫の経験、ウォーミングアップ不足などがあります。

外的因子は履いている靴や、地面の環境、普段の練習環境などが挙げられます。

一度、足関節捻挫を経験していると、その後の処置の対応の早さと正確さで、捻挫の回復度合いも変わります。

きちんとした処置を施さないで治してしまうと、靭帯が伸びたままの状態になり、再び足関節捻挫を起こしやすくなってしまいます。

なので捻挫は繰り返しやすいと言われているのです。

捻挫の応急処置|羽村市 まろん鍼灸接骨院

 

足関節捻挫をした直後はRICE(ライス)療法を行います。

  • Rest (安静)
    無理に動かしたり体重をかけないようにします。包帯やテーピングで固定することが理想です。
  • Ice (冷却)
    局所の炎症をおさえて痛みや腫れを軽減するために、氷水や氷嚢で冷やします。バケツに氷水を入れて患部をつけたり、ビニール袋に氷を入れて患部にあてます。1回15分程度冷やし、15分休みというサイクルを3〜4回繰り返すのが理想です。
  • Compression (圧迫)
    足関節に包帯やテーピングを巻いて圧迫します。血が止まるほどの圧迫をしないように注意が必要です。初めはきつくなくても、足首が腫れてくることできつくなる事もあるので要注意です。
  • Elevation (挙上)
    局所の循環を改善し、腫れと内出血を防ぐために、枕・座布団などを利用して患部を高くあげておきます。一般的に心臓よりも高い位置に置くと良いとされています。

足関節捻挫は初期対応がとても重要です。

初めの処置を適切にすると、捻挫の治癒や、スポーツへの復帰が早まります。

足関節捻挫は、他の怪我と比べても、見たり聞いたりすることが多く、軽視されがちな怪我です。

足首の捻挫を甘く見ていると、捻挫が癖になって同じ怪我を何度も繰り返すことにも繋がります。

当院では鍼治療やハイボルテージなど、早期回復に効果的な治療法を持っていますので、足首の捻挫をしてしまった際には、なるべく早いうちに、羽村市にあるまろん鍼灸接骨院までお尋ねください!

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間