受付時間

まろん鍼灸接骨院

map

すべり症・分離症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 長い間腰痛に悩まされている。
  • 下半身に痺れがある。
  • 歩いていると脚に力が入らなくなる。

これらの症状は腰椎すべり症・分離すべり症かもしれません|羽村市 まろん鍼灸接骨院

腰椎すべり症とは、積み木の様にブロック状の椎骨が積み重なって出来ている腰椎が、前後にずれてしまう症状のことをさします。

椎骨と椎骨の間にある椎間板が、ボロボロに変性して、上下の椎骨が前後にずれてしまうので、変性すべり症とも呼ばれます。

分離すべり症は、椎間板ではなく、椎骨の後ろ側で上下に関節を作っている、椎弓と呼ばれるリング状の部分が、上下に分離してしまい、背骨が前後にずれてしまうすべり症です。

変性すべり症と一緒に起こることが多く、腰を捻る動作が原因で起こる疲労骨折の一種だと言われていたりします。

椎骨が前後にずれてしまうと、椎弓の中を通る脊髄や、そこからでる神経が圧迫され、坐骨神経痛の様な症状を出したり、腰痛が強く出てきたり、ある程度の時間歩行を続けていると、痛みやしびれで歩けなくなったりします。

どちらも詳しい原因がはっきりとわかっている訳ではありませんが、加齢や過度の負担が原因だと言われています。

なぜすべり症・分離症が起こってしまうのでしょうか?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

腰椎すべり症・分離症ははっきりと原因がわかっている訳ではありませんが、特に分離すべり症はスポーツなどによる腰への負担が原因だと言われています。

野球やゴルフなどの、スイングで腰をひねる動作を多くするスポーツをしている子供や、重いものを頻繁に持ったりするお仕事をしている方に起こりやすいです。

ハードにスポーツをやっていて、腰に痛みを感じている中高生の、およそ半分程度はすべり症・分離症を持っていると言われています。

日常的にスイング動作のある野球やゴルフなどをしている、重いものを持つことが多い、普段から腰痛に悩まされ、なかなか良くならないという方は腰椎すべり症、分離すべり症の疑いもありますのでぜひ一度、羽村市のまろん鍼灸接骨院までご相談ください。

腰椎すべり症・分離すべり症の怖さとは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

腰椎すべり症・分離すべり症になっていると、通常の腰痛とは違い、痛みの原因が勝手になくなってくれることはありません。

滑っている部分、分離している部分は手術で骨と骨を固定しないと、基本的には元の位置関係に戻ってくれません。

一度分離してしまった腰椎は、ほったらかしにしていても治ることはないのです。

しかし、腰椎すべり症、分離症の治療は、手術をしない保存療法が選ばれることが多い症状です。

手術は痛みが我慢出来ないほどに強くなってきた場合や、本人が希望する場合にだけ選ばれます。

保存療法では腰回りの筋肉トレーニングや、ストレッチ、施術などの筋肉のケアを中心に行います。

周りの筋肉を鍛えることで、腰の安定性が高まり腰への負担を減らすことができたり、ストレッチや施術などで周りの筋肉を緩めることで、神経の圧迫を緩め、神経痛などの症状を抑えたりという効果が期待できます。

まろん鍼灸接骨院での腰椎すべり症、分離症の治療法とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

先ほども述べたように、腰椎すべり症、分離すべり症で重要になるのが、腰回りの筋肉を「鍛える」ことと「緩める」ことです。

腰の筋肉を鍛えるためには、EMS(インナーマッスルトレーニング)がオススメです。

名前の通り体の内側にあるインナーマッスルを鍛えるための機械で、腰の安定性を高め、体の中でコルセットのような働きをしてくれます。

腰の筋肉を緩めるためには、ストレッチを加えてのマッサージに合わせ、骨盤矯正がオススメです。

骨盤矯正をして、歪んだ骨盤を整えることで、骨盤の上にある腰椎も正常な位置に戻りやすくなります。

もちろん滑ってしまった腰椎が、完全に元の位置に戻るわけではありませんが、少しでも正常な位置に近づけてあげることで、神経の圧迫を減らせると考えております。

もし腰椎すべり症、分離症と整形外科で診断され、すべり症にお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度羽村市にあるまろん鍼灸接骨院までお越しください。

そのほか腰痛や肩こり、お体に関してのお悩みはなんでもご相談くださいね。

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間