受付時間

まろん鍼灸接骨院

map

疲労骨折

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩くと踵が痛い
  • 腰の治療をしてもなかなか良くならない
  • 咳、くしゃみ、深呼吸をすると痛い
  • ランニングをしていると足の甲が痛む
  • 足の脛の内側が腫れて歩くだけで痛い

このような症状はもしかしたら疲労骨折を起こしているかもしれません。

 

疲労骨折とは|羽村市 まろん鍼灸接骨院

一度の大きな力で骨が折れてしまう通常の骨折とは違い、疲労骨折とは通常では骨折が生じないような微細な外力が、同じ部位に反復して加わることで生じる骨折です。

小さなヒビから少しずつ広がっていき、徐々に完全な骨折へと進行していきます。初期のうちは痛みも少なく、捻挫だと思ったら骨折していたというケースも珍しくはありません。

スポーツなどで激しい動作などを、繰り返し行なっていることが原因となり発症することが多いです。

 

比較的に疲労骨折は下肢に多く見られます。

特に疲労骨折が多い場所は第2中足骨・脛骨・腓骨・肋骨・内果(内くるぶし)などです。普段行っている競技などによって疲労骨折を起こしやすい部位は異なります。

また、10代前後の若者に発症しやすい傾向があります。

疲労骨折は通常の骨折とは違い、激しい運動痛や皮下出血などは少ないです。そのため骨折しているとは思わずに、痛みを抱えたまま運動を続けてしまったり、医療機関を受診せずに放置してしまうことが多くあります。

また、閉経後の女性も骨形成に関係するホルモンが減少するため骨粗鬆症になってしまい、疲労骨折をしてしまうことがあるので注意が必要です。

疲労骨折になる原因|羽村市 まろん鍼灸接骨院

繰り返されるダッシュ動作や、ジャンプ動作などにより、一部分に繰り返し外力が加わったり、筋肉の収縮により一部分が繰り返し引っ張られたりすることが原因で起こります。

中学生から高校生になり、練習内容や練習量が増え、骨にかかる負荷がいきなり強くなったことが原因で、疲労骨折に至ることもよくあります。

その他下記のような原因があります。

  • 使いすぎによる疲労の蓄積

  • 栄養不足

  • 固いフロアやロードでの過度な運動による疲労の蓄積

  • 閉経などからくる骨粗鬆症

疲労骨折の症状|羽村市 まろん鍼灸接骨院

発症初期では痛みは運動中、運動後のみ生じますが、進行していくと安静にしていても痛みが出るようになってしまいます。

その他部位による固有の症状としては以下の通りです。

(肋骨疲労骨折)

ゴルフや野球のスイングで発症しやすく、ウェイトトレーニングやベンチプレスなどで起こります。体を捻った際や咳・くしゃみ・深呼吸で痛みます。

(腰痛分離症)

10代に多く見られます。スポーツ選手に起こり易く、腰を反ると痛みます。

(尺骨疲労骨折)

手先を使う動作が多い方、野球・テニスをやる人に多く見られます。手首〜腕にかけて、物を掴んだ際に痛みます。

(脛骨疲労骨折)

ランニングやジャンプを繰り返す人に多くみられます。歩いたり走ったりした際に、脛の内側に痛みが出ます。

(腓骨疲労骨折)

ランニングやジャンプを繰り返す人に多くみられます。歩行やジャンプ動作、ダッシュ動作などで脛の外側に痛みが出ます。

(踵骨疲労骨折)

長距離の走行・歩行が原因で起こります。歩行や、ジャンプの着地などで踵に痛みが出ます。

(中足骨疲労骨折)

陸上・バレー・サッカー・剣道をやっている方に多くみられます。歩行時に足の甲に痛みが出ます。

疲労骨折の治療法|羽村市 まろん鍼灸接骨院

疲労骨折は繰り返しの外力が同じところに加わり発症するため、基本的にはそれまでの運動量や運動負荷を減らさなくてはいけません。

疲労骨折が治るまでには1〜3ヶ月かかるので、それまでは安静にして疲労や負担を取り除く必要があります。

羽村市にあるまろん鍼灸接骨院では、痛みを抑えることに特化したハイボルテージという特殊な電気治療機を使用し、消炎鎮痛の塗り薬を使っての手技を行い怪我の治癒を早めるような治療を施していきます。

筋肉の牽引が原因の疲労骨折に対しては、筋肉の張りをほぐすようなマッサージも行ってまいります。

また、酸素カプセルに入っていただくことで、自己治癒力を高めることが期待できますので、疲労骨折を早く治すことが期待できます。

疲労骨折をしてしまったかも? と思ったら是非一度羽村市のまろん鍼灸接骨院までお越しください!

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間