受付時間

まろん鍼灸接骨院

map

肉離れ

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 筋肉痛の様な痛みが治まらない
  • 急な運動で痛めてしまった
  • 動かす度に痛む
  • 湿布を貼っても良くならない
  • 持続的に軽度の痛みがなくならない

 

肉離れを起こしてしまった後、対処方がわからず困っている方は多いのではないでしょうか? 自然と治るのを待っていては時間がかかり、痛みに苦しむ時間が長くなってしまいます。肉離れを起こしてしまった際にはすぐに羽村市のまろん鍼灸接骨院までご相談ください!

肉離れとは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

肉離れとは、筋肉が無理な収縮や伸張によって、部分及び完全に断裂してしまった状態のことです。

程度にもよりますが、圧痛・運動痛・皮下出血・熱感・腫脹などの症状が現れます。肉離れはその程度により3つに分けられます。

  • Ⅰ度損傷

    軽度の筋損傷でストレッチなどをすると痛みが出ます。歩行は可能ですが、部位によっては痛みが出ることが多いです。

  • Ⅱ度損傷

    中等度の筋損傷で、運動をすると痛みが出ます。歩行は痛みで難しく、皮下出血が出る場合もあります

  • Ⅲ度損傷

    完全に断裂しているもの。損傷部に凹みがあり、触ると強い痛みが現れます。歩行は困難で、運動制限が見られます。また、広い範囲に皮下出血が起こることが多いです。

 肉離れが起こりやすい体の部位は

  • ハムストリングス(太ももの裏)
  • 大腿四頭筋(太ももの表)
  • 腓腹筋(ふくらはぎ)の内側

となっていて、下半身に多いのがわかります。

肉離れはなぜ起こる?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

肉離れはスポーツ外傷とも呼ばれ、運動時に発生する事が多いです。

急な走り出しやジャンプをした時・ジャンプの着地時に発生しやすい怪我であり、筋肉が引き伸ばされると同時に収縮すると肉離れを起こしやすいです。

筋肉はたくさんの筋が集まって一つの筋肉を構成しています。肉離れを起こした際には筋肉内部を部分的に断裂していることが多いですが、筋肉が完全に断裂してしまうこともあります。筋肉の柔軟性が低いことも、肉離れを引き起こす要因になっているので、久しぶりに運動をした時や、準備運動をせずにいきなり運動を初めてしまった時などに起こりやすいです。

肉離れが改善しない・悪化する理由とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

まず肉離れをした場合には、筋肉が炎症を起こしている状態のため、すぐに冷してあげることが大切です。

肉離れを起こし、患部では炎症が起きているため、マッサージをしたり、お風呂に入って患部を温めたりしてしまうと、血流がよくなり炎症が促進され、痛みが悪化してしまいます。なのでしっかりと患部を冷やしましょう。冷やす際には必ず氷水や保冷剤を使用し、シップだけで済ませないようにしましょう。またお酒も血流が良くなるため控えたほうがいいでしょう。

そして肉離れを起こした後は、安静にすることが大切です。

軽症で痛みが軽く、動けない程ではないからと使い続けてしまえば、損傷している筋肉を無理に伸縮させることになり、軽度の肉離れが中等度・重度の肉離れへと悪化する危険性が高まります。肉離れの場合、痛みが何日か続き、歩いたり日常生活での違和感を感じることもあります。

激しい運動はなるべく避け、患部に負担のかからない生活を心がけましょう。

当院での肉離れの治療法とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

肉離れを起こすと、筋肉が部分的に断裂して熱を持ちます。そういった急性期の症状にはアイシングと共に、痛みを抑えるのに有効なハイボルテージという特殊な電気治療により痛みを抑え、消炎鎮痛の塗り薬と共にテーピングを施します。

テーピングを施すことでその後の日常生活をサポートし、怪我の悪化を防ぎ、痛みを抑えます。

しばらく時間が経ち、炎症症状が治った後は、部分的に千切れていた筋肉が仮の組織でくっついた状態になります。この状態になった際には筋肉をマッサージし血流を集め、治癒を促進して、筋肉を柔らかくすることで再発を防ぎます。また、肉離れが治った後には骨盤矯正で身体の状態を整え、EMSで筋肉をトレーニングすることで、怪我の再発防止も図ることができます。

肉離れをしてしまった際には、すぐにまろん鍼灸接骨院までご相談ください。

肉離れ以外のお怪我や、肩こり腰痛、膝の痛み等、お身体のお悩みございましたら、なんでもご相談ください!!

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間