受付時間

まろん鍼灸接骨院

map

踵の痛み

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 長時間歩くと、踵の痛みがでる
  • 立ち仕事で足に負担がかかる
  • ふくらはぎがパンパンに張っている
  • 足の裏が痛い
  • アキレス腱からかかとにかけて痺れる
  • 朝起きて歩き始めるときに踵の痛みが気になる

踵の痛みの原因とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

歩くたびに負担のかかる足底は、正常であればアーチを描いて土踏まずを形成しています。アーチの構造をしていることにより、体重の衝撃を分散してくれたり、着地時に衝撃を吸収したりしてくれます。

しかし、アーチが弱く、土踏まずが平らな状態に近い扁平足は、足底の負担が大きく、炎症を起こしたり、足底や、踵の痛みに繋がりやすいです。

その他にも、長時間立つことが多かったり、頻繁にランニングしたり、硬いシューズを履き続けていると足底筋膜炎といった疾患になりやすく、踵の痛みが出てしまうことがあります。

また、現代は硬いアスファルトやコンクリートなどで舗装された道が多く、柔らかい土の上を歩くよりも足底の負担が大きいので、肥満気味の方や高齢で足底筋膜の筋力が低下している方もかかとに痛みが出てしまう場合が多くみられます。

足底筋膜炎とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

踵の痛みの原因として最も頻度の高いものでは足底筋膜炎があげられます。

足底筋膜炎とは、つま先からかかとまで足の裏を縦に走っている足底腱膜という膜の付着部が、炎症を起こすことで歩行時や着地時に痛みを伴い、歩き続けると痛みが少しずつ和らいでいくのが特徴です。

朝起きた時や、長時間座っていた後に立ち上がった時などにかかとに痛みが出る、夕方になると踵の痛みが強くなる、運動後もしくは運動をした翌日に踵の痛みが現れる、などの場合は足底筋膜炎である可能性が高いです。

中高年の女性に多く見られますが、若年層の方でも長時間立ち仕事をしていたり、足を多く使うアスリートにも多い疾患です。

踵の痛みを放置してしまうと、場合によっては骨棘(こつきょく)という骨にできる棘のようなものができてしまったり、踵の痛みが強く出てきてしまうこともあるので、早めの受診が大切です。

まろん鍼灸接骨院での踵の痛みの治療とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

かかとの痛みは、スポーツなどでの使いすぎが原因の場合、安静にしていただくのが第一です。しかし、日常を過ごす中で、足を使わない訳にはいかないのでなかなか踵の痛みが治らないことが多いです。

痛みが引くまではなるべくスポーツや長時間立つことをやめるのが望ましいですが、それと並行して早期に治療を始めることが大切です。

羽村市にあるまろん鍼灸接骨院では、踵の痛みに対する治療法として、指圧による足底やふくらはぎの筋肉調整、電気療法に加え、鍼治療や灸治療を取り入れております。

過度に緊張している足底筋膜だけでなく、足首の動きに関与するふくらはぎや脛(すね)の筋肉など、使い過ぎやバランスが崩れた状態で酷使することにより硬くなってしまった筋肉を、指圧や鍼灸治療によりほぐすことで踵の負担を減らし、踵の痛みを抑えることが期待できます。

羽村市にあるまろん鍼灸接骨院では、痛みに対する治療だけでなく、これからも快適にスポーツや日常生活をしていくために、根本的な改善として弱ってしまっている筋肉や、うまく使えていない筋肉を使えるように、EMSによるトレーニングを行なったり、体の歪みを取りバランスを良くすることにより、痛みの出ない体作りを骨盤矯正をすることでお手伝いしていきます。

インナーマッスルを鍛え、骨盤の歪みをとることで、重心など体全体のバランスを整えることができ、お身体の様々な悩みを改善していくことができます。寝ているだけで腹筋600回相当の運動量を電気刺激でインナーマッスルに与えられる最新EMSや、バキバキと鳴らさず痛みのないソフトな骨盤矯正などのメニューを取り揃えていますので、踵の痛みを始め、お体のお悩みがございましたら、いつでもまろん鍼灸接骨院にご相談ください!

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間

河辺リーフ鍼灸整骨院

河辺リーフ鍼灸整骨院

住所

〒198-0036
東京都青梅市河辺町6丁目12-1

アクセス

河辺駅から徒歩約10分
駐車場完備

受付時間