受付時間

まろん鍼灸接骨院

map

産後骨盤矯正

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 出産後から腰が痛くなった
  • 出産前の体型になかなか戻らない
  • ウエストでズボンを選ぶと太ももやお尻で突っかかる
  • 恥骨部の痛みが取れない
  • 産後の尿漏れが気になる
  • 冷え性がひどくなった
  • 下腹部のぽっこりが気になる
  • お尻が垂れてきた

産後の骨盤の状態とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

妊娠・出産を経験した方の多くが抱える産後の不調。

腰痛や恥骨痛、関節痛だけでなく、体型が元に戻らない、O脚がひどくなった、座ると尾てい骨が椅子に当たって痛いなど、あげ始めたらキリがありません。

そもそも産後骨盤矯正とは、妊娠時に子供を乗せるために開いた骨盤を、正しい状態に戻すための骨盤矯正です。産後の骨盤は本来、ホルモンの力により時間の経過とともに元の形へと縮小し、通常の位置に戻っていくものですが、育児や家事、仕事などで体の負担が大きかったり、生活習慣が乱れていたり、もともと骨盤がゆがんでいる方は、骨盤の戻りが悪いことが多いです。

骨盤が開いてしまったまま放置すると、骨盤に筋肉が引っ張られて、うまく使えず硬くなり、いずれ腰痛や膝の痛みなどを引き起こす原因にもなります。

さらに今まで赤ちゃんが入っていた、骨盤の開いた部分に内臓が降りてくることで、内臓機能の働きが悪くなったり、下腹部がぽっこりと出てしまう原因にもなります。

そうなると太りやすくなったり、むくみやすくなったり、冷えや便秘体質を引き起こす原因にもなってしまいます。

また、内臓機能の衰えにより、内分泌の働きも悪くなる傾向にあるので、頭痛や肩こり、精神的なストレスなど、様々な症状が現れる恐れがあります。

妊娠後期になってくるとお腹が大きくなることで、体の中ではお腹や腰周りのインナーマッスルがかなり引き延ばされた状態になっています。

妊娠中は、その状態が長い期間続いているので、筋肉の負担はかなりのものになります。

出産時には女性の体の中で「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

このホルモンの働きにより、靭帯や関節が緩んで骨盤が開き、赤ちゃんが通れるようになっています。

しかし、この時緩んでしまった靭帯が元の硬さに戻るまでには時間がかかり、さらに骨盤を内側から支えるインナーマッスルも引き伸ばされた状態で弱っているので、数ヶ月の間は骨盤が動きやすく不安定な状態にあります。

出産後はホルモンの働きにより、骨盤や引き伸ばされたインナーマッスルは少しずつ元に戻っていきますが、育児や家事、仕事などで体の負担が大きかったり、もともと骨盤がゆがんでいるなど、前述した原因を抱えていると、それだけではすべてが元には戻らないことがほとんどです。

自然に元通りにならない歪みからくる不調を取り除いていくために、なるべく早い時期からの産後骨盤矯正をお勧めします。

ちなみに、帝王切開をした方も、お腹が膨らんで筋肉が引き延ばされたり、ホルモンによって骨盤が歪みやすくなっているなど、出産後の骨盤の状態は、自然分娩の方とそれほど変わらないので、産後骨盤矯正をすることをお勧めしています。

まろん鍼灸接骨院での産後骨盤矯正は?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

産後骨盤矯正ときくと、バキバキ鳴らしたり、特殊な器具を使ったものを思い浮かべる方も多いかもしれません。

羽村市にあるまろん鍼灸接骨院での産後骨盤矯正は、バキバキせず、痛くないソフトな骨盤矯正ですので、出産後のデリケートな体にも負担が少なく、安心して受けることができます。

羽村市のまろん鍼灸接骨院では、歪みに対して産後骨盤矯正だけを行うのではなく、歪みの原因部分となる筋肉の張りに対しての筋肉調整も同時に行うので、矯正した骨盤の良い状態をキープしやすいのも特徴です。

硬くなった筋肉は歪みを助長させ、痛みを出してしまいますので、産後骨盤矯正と共に、筋肉の張りを取り除いていくことが大切です。

さらに羽村市のまろん鍼灸接骨院では、歪んだ骨盤を正しい位置に戻すだけでなく、EMSによる楽々トレーニングで、インナーマッスルを鍛えて正しい位置をキープする事により、痛みや不調を繰り返さないための根本的な体作りを推奨しています。

産後骨盤矯正について気になることがありましたら、是非一度羽村市にあるまろん鍼灸接骨院にご相談ください!

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間