羽村市で野球肩(投球障害肩)でお悩みならまろん鍼灸接骨院へ|羽村市のまろん鍼灸接骨院

野球肩(投球障害肩)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 投球時、肩に痛みが出る
  • 投球時、肩に違和感がある
  • 投球時、腕に痛みが出る
  • 投球時、腕に違和感がある
  • 肩周りの筋肉が硬い
  • 肩関節の動きが悪い
  • 連投などで投球の回数(球数)が増えた
  • 最近投球フォームを変えた

上記のいずれかに当てはまる場合は野球肩(投球障害肩)である可能性や野球肩(投球障害肩)になってしまう危険性があります。もしかして野球肩(投球障害肩)かもと思ったら、羽村市にあるまろん鍼灸接骨院にご相談下さい!

羽村市まろん鍼灸接骨院では国家資格を持った柔道整復師、または鍼灸師が施術をするため安心して治療が受けられます。

野球肩(投球障害肩)とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

野球肩(投球障害肩)とは、野球などの投球動作が原因となり発症した肩の痛みを主訴とする疾患の総称です。

肩の使いすぎ(オーバーユース)を原因として徐々に痛みを出す事が多いです。

野球肩(投球障害肩)になる原因とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

野球肩(投球障害肩)の原因の多くは、肩の使いすぎ(オーバーユース)によるものになります。投球動作を何度も繰り返すことで肩関節に多くの負担、ストレスがかかってしまい炎症や損傷を起こしてしまいます。

野球肩(投球障害肩)の原因疾患|羽村市 まろん鍼灸接骨院

・インピンジメント症候群

肩の使いすぎ(オーバーユース)により肩の骨部分に腱板が繰り返し挟まれることで炎症が起き肩に痛みがでます。肩を上げていくと、途中で痛みや違和感、引っかかりを感じ、それ以上肩をあげる事ができなくなってしまいます。この様な症状がインピンジメント症候群の特徴になります。

野球肩(投球障害肩)の中で最も多い疾患になります。

・腱板損傷

肩を動かす筋肉である棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋の腱が複合したものを腱板と言います。腱板が繰り返しの投球動作などの原因により損傷してしまう事で野球肩(投球障害肩)を引き起こします。

・上腕骨近位骨端線離開(リトルリーグショルダー)

成長期の骨には、骨の長さの成長のために骨端線(成長軟骨)という部分が存在します。この部分は骨に比べて強度が弱いため、投球などの過度な使用により損傷してしまう事があります。この状態を放置してしまうと、痛みが強くなり長期化するだけでなく成長障害を引き起こす場合もあります。

・動揺肩、動揺性肩関節症(ルーズショルダー)

生まれつき肩関節周囲の組織に緩みのある人の場合、肩の運動の際に必要以上に肩が動いてしまい通常の状態に比べ負担が大きくかかります。その為に周囲の組織に炎症、損傷を引き起こします。

・肩甲上神経損傷

投球時の腕を振り下ろす際に、肩甲骨上にある神経が圧迫や絞扼を受けることで痛みやしびれ、倦怠感(疲労感)などの症状を引き起こします。

野球肩(投球障害肩)の症状とは?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

野球肩(投球障害肩)の症状には以下の様なものがあります。

・肩や腕を動かす際の痛み

・投球中、投球後の肩の痛み

・関節の可動域が狭くなる

・肩に力が入らず、全力の投球ができない

・球速の低下や遠投が飛ばなくなるなどパフォーマンスの低下

野球肩(投球障害肩)を放置してしまうと?|羽村市 まろん鍼灸接骨院

野球肩(投球障害肩)を放置してしまうと、症状が悪化し日常生活で少し肩を動かすだけで痛みを感じる様になります。また、痛みが慢性化し、治療に長期を要するようになってしまいます。

『野球肩(投球障害肩)の治療法とは?』 羽村市 まろん鍼灸接骨院

羽村市にあるまろん鍼灸接骨院では野球肩(投球障害肩)の治療としてまずは野球肩(投球障害肩)を引き起こしている原因を、国家資格を持つ柔道整復師、鍼灸師が問診、触診を行い確かめます。そして、一人一人に最も良い治療方法を提案させていただきます。

<治療例>

患部にある炎症反応をアイシング、ハイボルテージの電気治療により沈静化させ、そしてテーピングにより患部の保護を行います。

炎症が落ち着いてから、鍼治療、灸治療、指圧による筋肉調整、ストレッチによる筋肉の柔軟性の確保、関節の可動域の改善のためのリハビリテーションを行います。筋力の低下がある場合はEMS(インナーマッスルトレーニング)を行う事で患部に負担をかけずに筋力を回復させる事ができます。また、全身の状態により肩に負担が多くかかっている様なケースでは、根本改善の為に骨盤矯正も同時に行なっていきます。

〜最後に〜『快適な日常生活を送るために』 羽村市 まろん鍼灸接骨院

羽村市にあるまろん鍼灸接骨院では野球肩(投球障害肩)だけでなく腰痛や肩こり、膝の痛みなど様々な体の不調に対して、痛みを誤魔化す治療ではなく痛みを繰り返さないための根本的治療(改善)を目指しています。骨盤の歪みがあることで身体のさまざまな部分に負担がかかることで筋肉が緊張し、痛みや不調を伴います。そのため骨盤矯正をして負担のかかりにくい体づくりを行い、筋肉調整により痛みを抑えていきます。

当院の骨盤矯正は「バキバキ」とはせずソフトな手技で行いますので、お子様から高齢な方まで安心して体験していただけます。

さらにEMS(インナーマッスルトレーニング)で寝ながらにして使えていない筋肉をつけるためのトレーニングも行い、快適な日常生活を送って頂けるようにお身体のお悩みを改善していきます。

羽村市まろん鍼灸接骨院では野球肩(投球障害肩)に限らず、他にもお身体の不調やお悩みがありましたら、羽村市で人気の整骨院、まろん鍼灸接骨院にお気軽にご相談ください。

野球肩(投球障害肩)のQ&A   羽村市 まろん鍼灸接骨院

Q野球肩(投球障害肩)を引き起こすリスクを上げる要因は?

A野球肩(投球障害肩)になってしまうリスクを高める要因は、投げ過ぎ(使いすぎ)、肩に負担のかかる悪い投球フォーム、筋肉のコンディションの低下などがあります。

Q野球肩(投球障害肩)になったらどうしたらいい?

A野球肩(投球障害肩)の場合、投球動作などをしばらくの間中止し、患部の安静を図ることが重要になります。

Q野球肩(投球障害肩)の予防法は?

A野球肩(投球障害肩)にならない為には、筋肉のコンディションを高める事が重要です。なので日頃からストレッチなどを行い、筋肉を柔軟に保ちましょう。また、運動の前後ではしっかりとウォーミングアップ、クールダウンをする様にしましょう。

Q野球肩(投球障害肩)の場合、どのくらい投球を控えた方がいい?

A症状にもよりますが、数週間は投球を控えた方がいいです。重症の場合数ヶ月間投球を中止することもあります。

Q野球肩(投球障害肩)はどれくらいで治る?

A野球肩(投球障害肩)の場合、数週間から3ヶ月程で多くは症状が改善します。

野球肩(投球障害肩)の豆知識・雑学 羽村市 まろん鍼灸接骨院

野球肩(投球障害肩)はクラブや部活など運動量の多い小学生から高校生に多く発生すると言われていますが、現役引退後は体のコンディションが低下している為、草野球などで発症するケースも少なくありません。

執筆者:
まろん鍼灸接骨院 院長 栗本 麗矢
(治療家歴12年)

東京都羽村市のまろん鍼灸接骨院です。当院は手技中心のじっくり時間をかけた治療を行っております。サラリーマンやOLの方から、ご高齢の方、スポーツ選手まで幅広い患者さんにお越し頂いています。症状や年齢に応じてお一人お一人に適した施術を行ってまいります。「生活の質」の向上や骨折からの機能回復、早期スポーツ復帰など、目的ごとに施術法を変え、様々な患者さんに対応しています。痛みのある部位だけにとらわれず、身体全体を見るのも、当院の特徴です。 その他、骨盤矯正や鍼灸治療、交通事故治療、酸素カプセルなども取り扱っておりますので、お気軽にお越しください。お待ちしております。

患者様の声

K・Uさん 野球をしていて肩を痛めた。野球肩の痛みを骨盤矯正含めて施術

K・Uさん 野球をしていて肩を痛めた。野球肩の痛みを骨盤矯正含めて施術 クリック

・あなたの症状やお悩みを教えてください。

肩の痛み、骨盤矯正

 

・施術を受けた感想を教えてください。

痛みの原因について親身になって聞いて施術してもらえました。
骨盤矯正についてもわかりやすい説明があり、手技なので痛くなかったです。酸素カプセルもあり、諸々オススメします。

※免責事項:お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

お問い合わせ

まろん鍼灸接骨院

まろん鍼灸接骨院

住所

〒205-0022
東京都羽村市双葉町2-1-33
パープル双葉101

アクセス

コミュニティバス「はむらん」「三矢会館」
下車、徒歩1分
駐車場13台完備

受付時間

河辺リーフ鍼灸整骨院

河辺リーフ鍼灸整骨院

住所

〒198-0036
東京都青梅市河辺町6丁目12-1

アクセス

河辺駅から徒歩約10分
駐車場完備

受付時間

  • よくあるご質問
  • まろん鍼灸接骨院 blog
  • まろん鍼灸接骨院 Facebook
  • 交通事故専門員
  • 優良整骨院
  • 損害保険
  • まろんのエステはこちら